尿酸値とプリン体の関係ですが、プリン体を多く摂ることで、尿酸値が上がってしまいます。 尿酸というのは、プリン体が分解されてできる排出物です。 そのため、プリン体をたくさん摂取すれば、それだけ尿酸値が高くなってしまうのです。 プリン体を簡単に説明すると、旨味成分のことだといえるでしょう。 私たちは普段から、よくプリン体を摂取しています。 食品のほとんどはプリン体を含んでいるため、プリン体を含んでいる食品を避けるということが難しいんです。 プリン体が多く含まれている食品には、白子、レバー、お肉、一部の魚などがあります。 それに、アルコール類、特にビールは、プリン体が多いです。 こういったプリン体が多い食品をたくさん摂ると、尿酸値が高くなり、痛風になってしまうこともあります。 尿酸値が気になるのであれば、まずは食生活を見直してみてください。 野菜や海藻を中心とする食事がオススメです。 また、水分をしっかりと摂るようにして尿量を増やし、適度な運動をするといいでしょう。